今月は、本当にハラハラすることばかりでしたが、
ポポは無事に11歳となりました!(*´∀`*)


実は先週の金曜日もちょっと心配だったので病院に行ったりしていたのですが
今はよくなってきています。


今朝はなんだかとても元気で、食欲も旺盛で春キャベツをモリモリと食べきってしまいました。
ケージも丸洗いしてスッキリしました。(*´ー`)


調子のいい朝はケージから飛び出して走り回ったあと、いつもこんな風にゴロンとしています。
毎日こんな元気なポポだといいなと思います。
来年も無事にお誕生日を迎えられますように!(-人-)

先週から一週間、ひとまずですが順調に回復しているようです。


いつものように朝からリラックスポポ。


はじめはシリンジで飲ませていたお薬ですが、粉薬をちょっぴりの100%りんごジュースで溶かしているので、美味しいと気付いたら自らお皿で飲むようになりました。


「ごちそうさまでした!」
でも美味しいお薬はそろそろ終わりです。お薬終わっても体調崩さないでよ〜。(´Д`;)
お楽しみは林檎ひとかけら、ということで継続しましょうね。


今週は牧草を数種類購入してポポ先生に吟味してもらいました。
牧草の袋には猛烈に興味を示すのに、袋から出した牧草にはそれほど興味はないみたいな謎の現象。


そして一緒に同封されていたサンプルの牧草をよく食べたりして…。飼い主の懐がまた寒くなる次第。


それから、ケージの中身を少し変えました。牧草フィーダーは取り外してそのまま床に置くことに。あと水飲みボトルも取りはずしてお皿にしました。すべて床置きにしました。


そんなわけで、いつもの日常に戻りつつ、ポポがより健康に元気に過ごせるように、今後も少しずつ変えられるところは改善していきたいと思います。(*´ー`)

こんにちは。ポポのご報告が遅くなりましたが、今回も気合いで乗り越えてくれました!
とはいえ、毎日がハラハラの連続でして、経過をご報告します。

2/28(火)に一度退院し、自宅療養していたのですが野菜はよく食べるもののペレットや牧草は食べず、●が小さいままでした。ここで悩んだのですが、退院後まだ2日目でもう少しお薬を続けながら様子をみていいものか、それともすぐにでも病院に連れて行って診てもらった方がいいものか?悩みに悩んだのですが、気になって仕事を早退してポポを病院に連れていくことにしました。


それが3/2(木)のこと。3月でしたが外は10℃前後の寒い日でした。
家を出る前に直腸(お尻に温度計を入れて)体温を測ったところ39℃でした。
しかし、ポポママがバスと電車と徒歩とで1時間かけて病院へ連れて行っている間に、おそらく体調が悪化し病院で診察してもらった時には35℃台まで下がってしまっていました。もちろんキャリーバック内が暖かく保温できるよう努力はしていたのですが。
そんなわけで、またしてもポポは即再入院となりました。

やっぱりもう一日くらい自宅で温かくして、ストレスのない状態でいれば自然に良くなったのか?
寒い日に調子の悪い子を連れ回して体調を悪化させただけなのか?
どうすればよかったのかはわかりませんが…。


翌日、ICUに入院中のポポに面会に行ったときの様子。


青梗菜を食べたりして、頑張っていました。
でもなんだか寂しそうな表情で…。


ICUのボックスの中は27℃で、湿度もあるようで手を差し入れるととても温かでした。
いつものように頭を撫でると気持ちよさそうにうっとりとした表情です。
この時、本当に早く連れて帰りたいと強く思いました。

それから、これは仕方がないのかもしれませんが、ポポは日頃から涙目の症状があるのですが、目元のケアは全くしてもらえなかったらしく目の周りがガビガビになっていました。
体調を戻す方が大事だから仕方なかったのかもしれませんが、正直目もケアして欲しかったです。しばらくポポと過ごす時間があったの、ティッシュを水で濡らして、いつも自宅でやっているようにきれいにしてあげました。


そして再入院から3日後の3/5(日)に体調が持ち直し安定し始めたたので、
ポポは自宅に帰ることが出来ました!(*´ー`)
それから自宅でお薬も頑張って飲んでくれて、徐々に野菜以外のペレットや牧草も口にしてくれるようになりました。●も増えて大きさも通常サイズになってきました。それでも毎朝起きた時と、仕事から帰る度に、ドキドキしながらケージを覗きますが。


幸いこの一週間で体調が安定してくれて、3/11(土)に再診でお医者さんに診てもらった時には「状態はいいです、危機は脱しました」と言ってもらえました。まだまだ完全に安心はできない気持ちですが、少しホッとしたかな。このままいい状態で過ごして欲しいなと思います。もう少しお薬は続けますが、表情を見る感じでは大丈夫かなー?という感じです。(*´ー`)

先月は一度しかブログ更新できず、あっという間に3月となってしまいました。
ポポですが先週から食欲が落ちてしまい、月曜日の夜に病院に連れて行ってそのまま一晩入院となりました。


今は退院して自宅で療養中です。ペレットはまだあまり食べませんが、食欲はあり野菜はよく食べ●も小さいながらもよく出ています。


はじめのうちは普段食べている二種類のうちの一つのペレット(兔の極)がリニューアルしたため、そのせいかなと思っていたのですが大好きなりんごにも手をつけなくなったので、ちょっとおかしいかなと思っていました。
そして月曜日の午後、病院の予約をとって連れて行こうとしていたのですが、連れていくタイミングになってモリモリと野菜を食べだしたので「むむむむむ」と躊躇しました。その日は外が寒かったのと、一時間かけてバスに電車に徒歩と連れていくより、もうちょっと様子をみようかと思ったのでした。
でもやはりそれ以上の回復は見られず、お腹もゴロゴロ、ポコポコと嫌な音がしていたので、翌朝の病院の予約を取ろうと連絡したところ、ポポの年齢も考慮されて病院から「今すぐ連れてきてください」ということになりました。もう夜も9時になろうかという時間だったのですが、ダンナさんも帰宅していたのも幸いして車でビュンと30分ほどで病院に行くことが出来ました。本当に病院にもダンナさんにも感謝です。<(_ _)>


レントゲンを撮ったところ、お腹にガスが溜まっていました。赤で囲んだ黒い影のところがガスです。体温も36.6度と低下していました。(正常は38〜39度)これで一晩待っていた大変なことになっていたかもしれません。
結局その晩は病院のICUの温度管理されたボックスに入ってもらい、投薬や適切な処置をしてもらうため一晩入院となりました。


そして翌日の午後、体調が回復して自宅に帰っても良いと判断されたので、夕方になって帰宅しました。
幸いにも一晩で回復出来て、本当に良かったです!


今朝の食糞直前のポポ。


まだ完全ではありませんが、徐々にいつものポポに戻りつつあるようです。
今日は冷え込むので、ヒーターで暖かくしてのんびり過ごしてもらいたいと思います。

【今回の反省点と今後の注意点】
・年寄りうさこは「まったり、のんびり」が板についているので正直「不調」がわかりずらいです。
・考えすぎかもしれないけれど「いいとこ見せよう」として、調子悪いのに頑張って野菜食べてみせたりする。
・様子見は厳禁。「あれ?」と嫌な予感に忠実に、すぐ行動すること。←これが一番難しい!人間の都合は後回し。


今月末の11歳のお誕生日を元気に迎えられるように、
今日からまたポポのお世話を気をつけていきたいと思います。
また経過報告いたします!(*´ー`)

2月はさすがに寒いというか、今週半ばごろから冷え込みが続きますね。


ポポと一緒に家に居られる日はいいですが、ほとんどが朝から夜まで一日中お留守番です。


そんな日は天気予報と勘を頼りに、パネルヒーター(マイカヒーター)をつけていくか、いかないかなど、家を出る直前までポポの保温方法の判断に迷います。必要以上に暑くても、逆に寒くてもかわいそうなので、いつも家を出た後も気になります。
(ポポは年寄りなので冬季はエアコンを常に23℃設定で、ケージの周りは覆いで囲み、さらに寒い時はパネルヒーターをつけています。ポポの居る場所の温度で24〜25℃くらいになるように。)


昨日はその前日より気温が高いという予報だったのに、予想外に冷えて日中雪が降ったりして…。パネルヒーターのスイッチを入れてこなかったことにヤキモキしていました。(´Д`;)
幸いなことに、帰宅してもポポの居るあたりの温度は暖かだったようなので安心しましたが。ヒヤヒヤものです。


そんな寒い冬の日は、ポポとぬくぬくと暖かくして過ごすのが一番の幸せです。(*´∀`*)


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM